カラーサンド | 株式会社丸東
原材料

原材料分野

カラーサンド

カラーサンドは珪砂に無機顔料を高温で焼成着色したカラー骨材です。発売以来50年を超えてご愛顧頂いている実績豊富な製品です。製品構成はサイズ(粒度)と色で多種多様な用途に合うように設定されています。粒度は34号、4号、5号、56号、67号、8号、9号の7種類のサイズで設計されています。色についてはWEBカタログをご参照ください。詳細はお問い合わせください。

用途

外装塗料、樹脂塗床材、屋根材、ジオラマ 等

その他品質規格

〈 色合検査
標準サンプルと大差ないことを目視にて判定

〈 耐酸検査
0.02N塩酸溶液の入った試験管にカラーサンド5gを入れ12時間浸清させた後、溶液・製品に変色・脱色等の変化がない事を目視にて判定

〈 耐アルカリ煮沸検査
0.01N水酸化ナトリウム溶液150ccの入った三角フラスコ(200cc)にカラーサンド20gを入れ、50℃に設定した自動調整ウォーターバス(振動数:200回/分、振動幅:20mm、温度調整精度:±0.2~0.4度、温度分布精度:±0.4℃)に2時間セットした後、溶液・製品に変色・脱色等の変化がない事を目視にて判定

〈 耐水煮沸検査
水150ccの入った三角フラスコ(200cc)にカラーサンド20gを入れ、90℃に設定した自動調整ウォーターバス(振動数:200回/分、振動幅:20mm、温度調整精度:±0.2~0.4度、温度分布精度:±0.4℃)に2時間セットした後、溶液・製品に変色・脱色等の変化がない事を目視にて判定

〈 粒度検査
カラーサンドをJIS規格試料縮分機(No,4.溝幅6mm)で縮分し100gの検査試料を準備し、規格毎の標準フルイ(JIS規格標準フルイ(直径200mm、深さ45mm))をRo-TAP式振動フルイ機にセットし5分間作動させた後、各標準フルイに残ったカラーサンドを上皿デジタル計で計量(%)して、粒度規格内であることを確認する

WEBカタログ

34号シリーズ

粒度規格:2.40〜0.50mm(中心粒径:1.50〜1.20mm)
JIS標準フルイ目開き(μm) 3350 1700 850 425 PAN
篩残分累積度数(%) 0 0~50 50~95 95~100 100
MESH 5.5 10 18 36  

4号シリーズ

粒度規格:1.70~0.50mm(中心粒径:1.10~0.90mm)
JIS標準フルイ目開き(μm) 1700 1000 600 500 PAN
篩残分累積度数(%) 0~2 2~50 50~90 90~100 100
MESH 10 16 26 30  

5号シリーズ

粒度規格:0.80~0.20mm(中心粒径:0.60~0.40mm)
JIS標準フルイ目開き(μm) 1000 600 300 250 PAN
篩残分累積度数(%) 0 0~45 45~98 98~100 100
MESH 16 26 50 60  

56号シリーズ

粒度規格:0.80~0.10mm(中心粒径:0.50~0.30mm)
JIS標準フルイ目開き(μm) 850 425 212 106 PAN
篩残分累積度数(%) 0~2 2~55 55~95 95~100 100
MESH 18 36 70 140  

67号シリーズ

粒度規格:0.55~0.07mm(中心粒径:0.40~0.20mm)
JIS標準フルイ目開き(μm) 600 250 150 106 PAN
篩残分累積度数(%) 0 0~65 65~95 95~100 100
MESH 26 60 100 140  

8号シリーズ

粒度規格:0.30~0.05mm(中心粒径:0.20~0.10mm)
JIS標準フルイ目開き(μm) 425 212 106 75 PAN
篩残分累積度数(%) 0 0~30 30~85 85~100 100
MESH 36 70 140 200  

9号シリーズ(MPシリーズ)

粒度:0.15~0.03mm(中心粒径:0.10~0.06mm)
JIS標準フルイ目開き(μm) 150 106 75 45 PAN
篩残分累積度数(%) 0~10 10~50 50~82 82~100 100
MESH 100 140 200 330  

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら