蛙目粘土粉末 | 株式会社丸東
原材料

原材料分野

蛙目粘土粉末

蛙目粘土粉末とは石英粒(珪砂)を含んだ灰色や褐色のカオリン質の粘土で、雨が降ると粘土の表面が洗われ、石英粒が露出して蛙の目玉の様に見えることから蛙目(ガイロメ)粘土と呼ばれるようになりました。岐阜県東濃地方や愛知県瀬戸地方で採掘され、水洗し石英粒(珪砂)と粘土に分けられ、粘土は水と混ざった泥状のものを水簸してフィルタープレスで脱水しケーキ(固まり)にします。これはそれを粉末状に加工したものです。詳細はお問い合わせください。

用途

陶磁器、耐火物、タイル建材等

蛙目粘土粉末特性

品番 成分分析 粒度分布
SiO2 Al2O3 FeO3 K2O Na2O IgLoss D50(μm) <10μm(%) <20μm(%)
原蛙目特級 49.19 34.45 1.41 0.68 0.08 12.56 3.20 89.13 97.95
原蛙目一級 51.20 32.33 1.34 1.27 0.10 11.85 5.42 69.10 87.93
原粉末 52.15 32.12 1.47 1.34 0.10 11.59 6.28 64.16 83.28

上記の数値は代表値です。

参考データ

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら