珪藻土(ラヂオライト) | 株式会社丸東
原材料

原材料分野

珪藻土(ラヂオライト)

珪藻土とは植物性プランクトンの一種である珪藻が化石になり、堆積したものを言います。珪藻の細胞壁が残ったまま化石化したことにより、とても微細な孔をもつ多孔質な鉱物となりました。採掘された原土を工場で焼成・分級し製品化された珪藻土(ラヂオライト)は、多孔質で比表面積が大きいという特徴から、濾過助剤をはじめ担体やフィラーとしてなど幅広い分野で採用されています。詳細はお問い合わせください。

用途

濾過助剤、 農薬の担体、充填材(フィラー)等

ラヂオライト 特性一覧

製品名 区分 平均粒子径(μm) ケーク嵩密度(g/cm³) 透過率
#100 焼成品 12.8 0.44 0.05
#300 焼成品 14.1 0.42 0.16
#500 焼成品 36.4 0.35 1.40
#600 融剤焼成品 26.9 0.39 1.10
#700 融剤焼成品 30.3 0.35 1.68
#800 焼成品 36.3 0.35 1.84
#900 融剤焼成品 34.3 0.33 3.29
#2000 融剤焼成品 28.7 0.36 1.68
#3000 融剤焼成品 114.2 0.33 22.21
F 融剤焼成品 8.1 (ルース嵩密度)0.13

上記の数値はいずれも代表値です。

参考データ

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら